古代都城制条里制の実証的研究

井上和人 著

平城京の実像を追求する。古代の古都はどのように造られていたか?飛鳥・藤原京、平城京の発掘成果から謎につつまれていた古代の宮都の都市計画など全貌を実証的に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飛鳥京域論の検証
  • 古代都城制地割再考
  • 発掘「中ツ道」説批判
  • 藤原宮南面外郭施設設定規格復元考
  • 藤原京・平城京造営の実像
  • 平城京の都市計画と排水体系
  • 平城京羅城門再考-平城京の羅城門・羅城と京南辺条条里
  • 平城京右京北辺坊考
  • 平城京の条坊設定方式-山中章氏の説に対する批判
  • 平城宮東院地区の造営年代-周辺条坊道路施工の実態から
  • 平城京条坊道路の設計企画-大宝令大尺=高麗尺説におよぶ
  • 平城京朱雀大路設定規格の再検討
  • 斎宮方格地割研究への提言
  • 条里制地割施行年代考
  • 条里制総論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代都城制条里制の実証的研究
著作者等 井上 和人
書名ヨミ コダイ トジョウセイ ジョウリセイ ノ ジッショウテキ ケンキュウ
出版元 学生社
刊行年月 2004.5
ページ数 540p
大きさ 22cm
ISBN 4311304846
NCID BA66992106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20608495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想