ヴェーベルン

岡部真一郎 著

姿究極の純粋抽象をかたちづくる高度な構築性と自由な感性の融合-その奥底に潜むものは何か。"現代音楽"の地平を切り開いたアントン・フォン・ヴェーベルン(1883‐1945)の実像に迫る労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 二一世紀のヴェーベルン
  • 1 早春-作曲の試み(一八八三〜一九〇二年)
  • 2 ヴィーンで音楽学を学ぶ-大学生活(一九〇二〜〇六年)
  • 3 ミニアチュールへ-無調性(一九〇八〜一四年)
  • 4 ノン・フィニトの美学-歌曲の時代(一九一四〜二五年)
  • 5 構築性の小宇宙-鏡の国のアントン(十二音技法、一九二五年〜)
  • 6 音色の探究-編曲・改訂のプロセス
  • 7 パトロンの素顔-パウル・ザッハー財団の資料
  • 8 コンポーザー=コンダクターの肖像-指揮者としてのヴェーベルン
  • 9 失速
  • 終章 西洋音楽史のプリズム-第二次大戦後の音楽とヴェーベルン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェーベルン
著作者等 岡部 真一郎
書名ヨミ ヴェーベルン : セイヨウ オンガクシ ノ プリズム
書名別名 西洋音楽史のプリズム : Anton von Webern
出版元 春秋社
刊行年月 2004.5
ページ数 327, 100p
大きさ 20cm
ISBN 4393934822
NCID BA66986307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20598933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想