ジョイスを読む : 二十世紀最大の言葉の魔術師

結城英雄 著

二十世紀西欧を代表するアイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスは、現代文学の前衛として、新しい文体を創り出し、小説形式の革新を図って表現の可能性を追求した。ジョイス以後の作家はみな彼の影響を受けていると言ってもいいだろう。貧困、重い眼病と深酒、娘の狂気などに苦しみながら、大陸を放浪しつつも常にダブリンを舞台に、精力的に小説を書き続けた。そこに描かれた宗教、植民地支配、民族主義、ユダヤ人問題、文芸、愛と性などは、なお今日の問題として重要である。本書では、ジョイスの生涯と主要四作品、猥褻裁判を含めた文学的評価を簡潔に紹介し解説する。「難解」といったイメージを覆す、なにより「ジョイスを楽しむ」入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジョイスの生涯(ダブリンの時代(一八八二‐一九〇二)
  • ダブリン脱出(一九〇二‐一九〇四)
  • 『ダブリンの市民』と『若い芸術家の肖像』の時代(一九〇四‐一九一四) ほか)
  • 第2章 作品解説(『ダブリンの市民』
  • 『若い芸術家の肖像』
  • 『ユリシーズ』 ほか)
  • 第3章 ジョイスの文学的評価(ジョイスに対する初期の反応
  • 猥褻裁判
  • 名声の確立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジョイスを読む : 二十世紀最大の言葉の魔術師
著作者等 結城 英雄
書名ヨミ ジョイス オ ヨム : ニジッセイキ サイダイ ノ コトバ ノ マジュツシ
書名別名 Joisu o yomu
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2004.5
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4087202437
NCID BA6696118X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20588956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想