麻酔科学スタンダード  3(基礎)

小川節郎 ほか編

本書のコンセプトは、麻酔科医にとって日々の教育、臨床において必要な基礎的知識とともに、現在この分野で標準的であると考えられている知識・情報を分かりやすく提供することにある。従って、エキスパート・オピニオンによる情報・知識は避け、EBMの立場からもできるだけ質の高い新しい知識を掲載している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 麻酔科学の歴史(歴史的研究の意義と重要性
  • 近代の麻酔科学誕生まで ほか)
  • 第2章 麻酔の理論(細胞学的・分子生物学的仮説
  • 物理化学的仮説)
  • 第3章 解剖と生理(呼吸器系
  • 循環器系 ほか)
  • 第4章 免疫(免疫
  • 手術・麻酔による免疫系への影響)
  • 第5章 薬理(麻酔薬の薬物動態(摂取、分布、代謝、排泄)
  • イオンチャネルと細胞内信号伝達 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 麻酔科学スタンダード
著作者等 小川 節郎
武田 純三
西野 卓
新宮 興
書名ヨミ マスイ カガク スタンダード
巻冊次 3(基礎)
出版元 克誠堂
刊行年月 2004.4
ページ数 322p
大きさ 26cm
ISBN 4771902739
NCID BA66929551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20681498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想