うつくしきもの枕草子

清川妙 著 ; おのでらえいこ 絵

「春はあけぼの」に始まるけれど「春はあけぼの」に終わらない。ページをめくるたびに、清少納言の見た情景がつぎつぎ広がる。作家清川妙と画家おのでらえいこによる、楽しくて美しい、枕草子。むかし教科書で習った名文19章段を、読み仮名付きで掲載。簡略なあらすじと部分訳で、原文のまま、すらすら読める。清川妙の紙上授業で、作者の心や背景が、深くじっくり味わえる。おのでらえいこの絵で、雅やかな宮廷生活がよみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中宮様に焦がれて(宮にはじめてまゐりたるころ
  • 清涼殿の丑寅の隅の ほか)
  • あの華やかな日々(頭の中将のすずろなるそら言を聞きて
  • 上に候ふ御猫は ほか)
  • この世は美しいものばかり(五月ばかりなどに山里に歩く
  • 九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の ほか)
  • 私の人生、あなたの人生(ありがたきもの
  • にくきもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつくしきもの枕草子
著作者等 おのでら えいこ
清川 妙
書名ヨミ ウツクシキ モノ マクラノソウシ : マナビナオシ ノ コテン
書名別名 学び直しの古典

Utsukushiki mono makuranososhi
シリーズ名 枕草子
出版元 小学館
刊行年月 2004.4
ページ数 107p
大きさ 25cm
ISBN 4093621411
NCID BA66916174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20587770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想