メディア社会の歩き方 : その歴史と仕組み

柳澤伸司 ほか執筆

歴史をひもとき、仕組みをのぞくことで、メディア社会とうまくつきあう知恵をつけよう。新しいメディアに取り組んでみよう。新聞・出版、放送、情報化社会、メディア・リテラシーの各側面から、メディアの見方をわかりやすく提示した入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「見えない壁」の向こう側
  • 1 活字メディア(活字が世界を変えた
  • 新聞と民主的な社会 ほか)
  • 2 放送メディア(放送の発明
  • ジャーナリズムとしての放送 ほか)
  • 3 メディアと情報化社会(グローバル・メディア
  • 「越境する」映画 ほか)
  • 4 わたしたちのメディア・リテラシー(メディア・リテラシーとは何か-その理念と基本的枠組み
  • 学びの実践-メディア・リテラシーをどう学ぶか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディア社会の歩き方 : その歴史と仕組み
著作者等 伊藤 武夫
増田 幸子
宮下 晋吉
川口 晋一
柳澤 伸司
津田 正夫
赤井 正二
鈴木 みどり
長澤 克重
黄 盛彬
書名ヨミ メディア シャカイ ノ アルキカタ : ソノ レキシ ト シクミ
書名別名 Media shakai no arukikata
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.5
ページ数 298p
大きさ 21cm
ISBN 4790710572
NCID BA66915149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20599008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想