始皇帝陵と兵馬俑

鶴間和幸 著

二千二百年以上も前に中国を統一した秦の始皇帝。その巨大陵墓は二重の城壁を備え、墳丘の下には未発掘の地下宮殿が眠る。死後も皇帝の霊魂が地上で暮らすための寝殿を建て、八千体に及ぶ兵馬俑を造った帝国不滅への願望。現地踏査を続ける第一人者が最新の研究成果や遺跡の徹底図解を紹介し、地下帝国の発掘から滅亡した地上の帝国の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 二人だけの皇帝
  • 第1章 新発見相次ぐ始皇帝陵園
  • 第2章 始皇帝の死と二世皇帝の実像
  • 第3章 秦王陵の伝統をさかのぼる
  • 第4章 始皇帝陵の地下世界と地上の帝国
  • エピローグ 永遠の地下帝国を守るために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 始皇帝陵と兵馬俑
著作者等 鶴間 和幸
書名ヨミ シコウテイ リョウ ト ヘイバヨウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.5
ページ数 296p
大きさ 15cm
ISBN 406159656X
NCID BA66896667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20587588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想