一握の砂 黄昏に 収穫

石川啄木 原著 ; 木股知史 著土岐善麿 原著 ; 藤澤全 著 ; 前田夕暮 原著 ; 山田吉郎 著

「病のごと/思郷のこころ湧く日なり/目にあをぞらの煙かなしも」-27歳の若さで世を去った天才歌人石川啄木の、挫折の生涯と熱い思想の軌跡を辿ることができる歌集『一握の砂』、啄木と同じく寺家に生まれ、彼と共に歩もうとした盟友土岐善麿(哀果)の『黄昏に』、相模に生まれ、自然主義歌人として若山牧水と共に話題を集めた前田夕暮の処女歌集『収穫』。近代短歌が文学の最前線で輝いていた1910年代初めの三歌集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一握の砂
  • 黄昏に
  • 収穫

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一握の砂 黄昏に 収穫
著作者等 前田 夕暮
土岐 善麿
山田 吉郎
木股 知史
石川 啄木
藤沢 全
書名ヨミ イチアク ノ スナ. タソガレ ニ. シュウカク
シリーズ名 和歌文学大系 / 久保田淳 監修 77
出版元 明治書院
刊行年月 2004.4
ページ数 518p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 4625413192
NCID BA66881386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20597811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想