イスラームの美術工芸

真道洋子 著

中世グローバリズムの中核を築いたイスラーム社会は、ユダヤ教、キリスト教などの異宗教や異文化を、対立軸とすることなく包含し、アジア、ヨーロッパ地域とも活発な交易活動をおこなってきた。ガラス器をはじめとする美術工芸品にも、その多様な文化の片鱗が現れている。本書では、宗教や政治の枠を越え、より身近に共感できる「モノ」の歴史を紐解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 イスラーム美術と考古学
  • 2 ガラスの技法と歴史
  • 3 ガラスに見るイスラームと異宗教・異文化
  • 4 東西交易の商品としてアジアへ
  • 5 地域と時間をこえてヨーロッパへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラームの美術工芸
著作者等 真道 洋子
書名ヨミ イスラーム ノ ビジュツ コウゲイ
書名別名 Isuramu no bijutsu kogei
シリーズ名 世界史リブレット 76
出版元 山川出版社
刊行年月 2004.4
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 4634347601
NCID BA66875907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20595124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想