熊野修験の森 : 大峯山脈奥駈け記

宇江敏勝 著

古来、山伏たちが那智から吉野まで大峯山脈の尾根道百数十キロを走破した、修験の道。この大峯奥駈けに、一般人として参加した著者による苦闘と充実とやすらぎの体験記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 熊野修験体験記(那智四十八滝の寒行
  • 三重ノ滝の修行
  • 大峯奥駈け行
  • 晦山伏の行)
  • 2 森のかくれた祭り(山上ヶ岳戸開け式
  • 森の火祭り
  • 十津川の盆踊り
  • 深仙ノ宿断食行
  • 父祖たちの森 ほか)
  • 3 増補 熊野修験のその後と私

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熊野修験の森 : 大峯山脈奥駈け記
著作者等 宇江 敏勝
書名ヨミ クマノ シュゲン ノ モリ : オオミネ サンミャク オクガケキ
シリーズ名 宇江敏勝の本 / 宇江敏勝 著 第2期 1
出版元 新宿書房
刊行年月 2004.4
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4880083070
NCID BA66856731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20699985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想