やわらかな遺伝子

マット・リドレー 著 ; 中村桂子, 斎藤隆央 訳

ヒトゲノムの解読から、人は3万個の遺伝子からできていることがわかった。これでどうして人が「設計」できるのだろうか?愛、知能、性格、行動をめぐる人と動物のゲノム解析の新事実から、遺伝子が何をしているかがわかってきた。遺伝子は身体や脳を作る命令は出すが、すぐに経験によって作ったものを改造していたのだ。「生まれか育ちか」の二項対立の図式は誤っていた。「遺伝対環境」の時代は終りを告げたのだ。20世紀の遺伝決定論と環境決定論の悪夢(ナチズムと社会主義)を断ち切り、ゲノム時代の新しい人間観を樹立する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 十二人のひげづら男
  • 第1章 動物たちの鑑
  • 第2章 幾多の本能
  • 第3章 語呂のいい便利な言葉
  • 第4章 狂気と原因
  • 第5章 第四の次元の遺伝子
  • 第6章 形成期
  • 第7章 学習
  • 第8章 文化の難題
  • 第9章 「遺伝子」の七つの意味
  • 第10章 逆説的な教訓
  • エピローグ 麦わら人形

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やわらかな遺伝子
著作者等 Ridley, Matt
中村 桂子
斉藤 隆央
リドレー マット
書名ヨミ ヤワラカナ イデンシ
書名別名 Nature via nurture
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 2004.5
ページ数 410p
大きさ 20cm
ISBN 4314009616
NCID BA66853143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20605142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想