アジアの復権 : 成長の文明か共生の文明か

中屋敷宏 著

アジア文明は近代にどのように敗北してきたかを冷静に見据え、そこからの復権の途を地方の動きに見出す。「アジアの復権」の中心的課題は、生活の再建にある。混迷の時代にこれからの日本の進路を提示する『希望の書』。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「人類の危機」という問題の提起
  • 第1章 資本主義-「成長」の文明
  • 第2章 資本主義の文明的帰結
  • 第3章 アジア文明の特質とその現代的意義
  • 第4章 アジアの復権
  • 第5章 日本における「アジアの復権」を目指して
  • 終章 「アジアの復権」は既に大きく胎動している

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの復権 : 成長の文明か共生の文明か
著作者等 中屋敷 宏
書名ヨミ アジア ノ フッケン : セイチョウ ノ ブンメイ カ キョウセイ ノ ブンメイ カ
シリーズ名 人間選書 256
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2004.4
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4540033379
NCID BA66826060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20585178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想