典型元素の化合物

荻野博 著

典型元素の単体と化合物は、その構造も性質も実に多様である。本書を通して、周期表を縦・横・斜めにたどったときに見えてくる類似性と変化を、楽しみながら知ってもらいたい。そのようにして身につけた周期表全体に対する「感覚」は、化学のあらゆる分野で、また材料開発の現場で、必ず役に立つだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 周期表は化学の指針-元素と周期表(原子と元素
  • 周期律の発見 ほか)
  • 2 化学は電子の科学(分子の電子による理解-共有結合
  • イオン性固体 ほか)
  • 3 基本的な元素の化合物(希ガス(He、Ne、Ar、Kr、Xe、Rn)
  • 水素(H) ほか)
  • 4 1族元素および2族元素の化合物(1族(Li、Na、K、Rb、Cs、Fr)
  • 2族(Be、Mg、Ca、Sr、Ba、Ra))
  • 5 13族元素から17族元素までの化合物(13族(Al、Ga、In、Tl)
  • ケイ素(Si) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 典型元素の化合物
著作者等 荻野 博
志田 忠正
桜井 英樹
茅 幸二
野依 良治
岡崎 廉治
書名ヨミ テンケイ ゲンソ ノ カゴウブツ
シリーズ名 岩波講座現代化学への入門 / 岡崎廉治 ほか編 11
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.4
ページ数 280p
大きさ 23cm
付随資料 1枚.
ISBN 4000110411
NCID BA66810162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20597813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想