流通新論

宮澤永光, 武井寿 編著

本書は生産と消費をつなぐ社会的システムである流通についてはじめて勉強しようとする入門者向けのテキストを意図したものであると同時に、すでにある程度の流通に関する知識や経験を有する読者の知的欲求にも応えられる内容を備えた文献であることをねらいとして、編集されている。流通は日常生活にとって身近な現象であるだけに、いろいろな立場で研究が行われ、今日までさまざまな成果が発表されてきた。本書は、流通研究のすべての領域に触れるものではないが、流通現象の把握と理解に向けて可能な限り多くの分野を包摂して内容をまとめることをはかっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 流通概論(現代の流通
  • 卸売流通
  • 小売流通
  • ロジスティクス
  • まちづくりと流通)
  • 第2部 流通経営論(購買者行動と流通
  • 商品開発と流通
  • 広告と流通
  • 販売促進と流通
  • 国際流通 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流通新論
著作者等 宮沢 永光
武井 寿
八ツ橋 治郎
書名ヨミ リュウツウ シンロン
出版元 八千代
刊行年月 2004.4
ページ数 254p
大きさ 22cm
ISBN 4842913142
NCID BA66807350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20587040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想