有用植物

菅洋 著

衣食住をはじめ薬用、観賞用など、人間生活に不可欠なものとして利用されてきた植物をめぐって、その来歴と栽培・育種・品種改良・伝播等の経緯を平易に語り、植物と共に歩んだ文明の足跡を浮彫にする。身近な植物たちのア・ラ・カルト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 有用植物とは何か
  • 第1章 メキシコの民族植物学
  • 第2章 日本の民族植物学
  • 第3章 多様な有用植物
  • 第4章 世界の食糧植物
  • 第5章 史前帰化植物
  • 第6章 果実の利用
  • 第7章 薬用植物
  • 第8章 ハーブと香辛料植物
  • 第9章 有用植物ア・ラ・カルト
  • 終章 二一世紀型の有用植物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有用植物
著作者等 菅 洋
書名ヨミ ユウヨウ ショクブツ
書名別名 Yuyo shokubutsu
シリーズ名 ものと人間の文化史 119
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2004.4
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4588211919
NCID BA66802867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20695773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想