古今和歌集研究集成  第3巻 (古今和歌集の伝統と評価)

増田繁夫 ほか編

本巻には、この千百年の間に古今和歌集はどのように享受され、評価されてきたのか、また古今和歌集によって形成された伝統とはいったいいかなるものであったのかを検証した諸論考を収めた。海外におけるその評価・享受のあり方をも視野に収め、現代の私たちにとって古今和歌集とはいかなる意義を有する「古典」であるのかを再考し、今後の研究の展望を切り拓くことを企図する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古今集の享受と評価の歴史
  • 古今集と物語の形成
  • 古今風の継承と革新-初期定数歌論
  • 中世和歌と古今集-源経信の「叙景歌」
  • 中世文化と古今集-東北における民族芸能の縁起書と和歌の思想
  • 中世の古今集注-多義性の二つの型
  • 古今伝授の世界
  • 近世文化と古今集-「年内立春」歌の転生
  • 近世国学と古今集-『古今集遠鏡』における俗語訳の理論と方法
  • 海外における古今集
  • 古今集研究史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古今和歌集研究集成
著作者等 増田 繁夫
小町谷 照彦
藤原 克己
鈴木 日出男
書名ヨミ コキン ワカシュウ ケンキュウ シュウセイ
書名別名 古今和歌集の伝統と評価
シリーズ名 古今和歌集
巻冊次 第3巻 (古今和歌集の伝統と評価)
出版元 風間書房
刊行年月 2004.4
ページ数 354p
大きさ 22cm
ISBN 4759914307
NCID BA66782147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20583723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想