暴力男性の教育プログラム : ドゥルース・モデル

エレン・ペンス, マイケル・ペイマー 編著 ; 波田あい子 監訳 ; 堀田碧, 寺澤恵美子 訳

ドゥルース・モデルは、配偶者を虐待する男性の意識を変えるために、北米はもちろん世界中ですでに臨床家によって実践されているカリキュラムである。グループセラピーやロールプレイなどで、被害女性の気持ちや立場を理解させて暴力をやめさせる優れた方法が具体的に書かれている。日常的な妻への虐待、さらには子どもへの虐待を防ぐための基本文献として必読である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 暴力を理解するための理論的枠組み
  • 第2章 プロジェクトの構成
  • 第3章 カリキュラム
  • 第4章 ファシリテーターの役割
  • 第5章 毎週のセッションのファシリテーター用ガイド
  • 第6章 家庭内暴力介入プログラムの評価
  • 第7章 暴力男性向けプログラム、被害女性たちの運動、説明責任の問題
  • おわりに 暴力をなくすために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暴力男性の教育プログラム : ドゥルース・モデル
著作者等 Paymar, Michael
Pence, Ellen
堀田 碧
寺沢 恵美子
波田 あい子
ペイマー マイケル
ペンス エレン
書名ヨミ ボウリョク ダンセイ ノ キョウイク プログラム : ドゥルース モデル
書名別名 Education groups for men who batter

Boryoku dansei no kyoiku puroguramu
出版元 誠信書房
刊行年月 2004.3
ページ数 297p
大きさ 22cm
ISBN 4414403006
NCID BA66773215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20582949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想