血とシャンパン : ロバート・キャパ-その生涯と時代

アレックス・カーショウ 著 ; 野中邦子 訳

血の海で生き残った者だけが、シャンパンにありつける。戦場で死の一瞬を切り取りつづけた伝説の戦争写真家、ロバート・キャパ。絶望ゆえに陽気な酒飲みを装い、友を愛し、酒を愛し、なにより女を愛し、人生の歓びを徹底的に追求した、野蛮で豊潤な40年の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オマハから五千キロ離れて
  • ブダペストでの会話
  • ナチの脅威
  • 自分自身を創りあげた男
  • 情熱的な戦争
  • 倒れる兵士
  • 小さな赤狐
  • 四億の民
  • 最後の負け戦
  • 贅沢な孤立〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血とシャンパン : ロバート・キャパ-その生涯と時代
著作者等 Kershaw, Alex
野中 邦子
カーショウ アレックス
書名ヨミ チ ト シャンパン : ロバート キャパ - ソノ ショウガイ ト ジダイ
書名別名 Blood and champagne
出版元 角川書店
刊行年月 2004.4
ページ数 318, 16p 図版16p
大きさ 20cm
ISBN 404791472X
NCID BA66771118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20579949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想