人格発達心理学

西川隆蔵, 大石史博 編

人間は個として存在しつつも全体を志向し、関係のなかに生き、成長していくという関係的存在です。人間は行為せずしては関係を作りえないし、何らかの関係においてでなければ行為することもできないといえます。人は人との関係によって、ある特別な文脈での特別な人との関係のなかで不安を覚えたり、安らぎを感じたり、癒されたりするという変化を経験するものです。このことからは、人間は「常に一つの個として変化せぬ者」として存在するのではなく、「関係において変化する者」として存在するのであり、人間関係とはそのような人同士の関係であるといえるでしょう。本書は、以上のような視座に立って、人間の全体的な理解をめざして、パーソナリティとその発達についての解説を試みたものです。人格心理学、発達心理学、社会心理学といった従来の枠組みにとらわれず、読者の皆さんが新しいパーソナリティ理解のかたちを学び、実践していくのに役立てて下さい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 パーソナリティの理解(パーソナリティとは
  • パーソナリティのアセスメント)
  • 第2部 パーソナリティの理論(心の深層へのアプローチ
  • 自己意識と自己概念 ほか)
  • 第3部 ライフ・サイクルとパーソナリティ発達(愛着の発達
  • 社会性の発達 ほか)
  • 第4部 パーソナリティ発達の諸問題(文化とパーソナリティ
  • 家族とパーソナリティ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人格発達心理学
著作者等 大石 史博
西川 隆蔵
書名ヨミ ジンカク ハッタツ シンリガク
書名別名 Jinkaku hattatsu shinrigaku
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2004.4
ページ数 200p
大きさ 26cm
ISBN 4888488371
NCID BA66767303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20597058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想