なぜ通販で買うのですか

斎藤駿 著

通信販売は日本の小売業界の中で、すでに揺るぎない地位を確保した。その中にあって、カタログ販売という業態を頑固なまでに守り、独自の立場を堅持している(株)カタログハウスが発行しているのが「通販生活」である。なぜこれが圧倒的信頼と支持を勝ち得るにいたったのか。通販業界の伝説的人物であり、カタログハウスの現役社長である著者が、自らの失販を省みつつ真摯に綴る「通販の真実」。消費者の心理をどう読み込むのか、誠実に消費者と向き合うとはどういうことか。通販の歴史を辿りながら、日本の消費社会の深奥に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 玉蜀黍-明治時代のカタログは「舶来品の情報誌」だった。
  • 第2章 ルームランナー-七〇年代、「商品情報好きの消費者」が大量出現した。
  • 第3章 女性服-八〇年代、消費社会の「欲望刺激材」として通信販売は定着した。
  • 第4章 デロンギヒーター-通信販売の得意芸は「実演販売の情報化」だ。
  • 第5章 ミーレの掃除機-通信販売という名の「広告」はどうしたら信用されるのか。
  • 第6章 メディカル枕-通信販売は持続可能型社会にフィットする小売業態だ。
  • 終章 コーヒー豆-小売ジャーナリズムの夢を追いかけて。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ通販で買うのですか
著作者等 斎藤 駿
書名ヨミ ナゼ ツウハン デ カウノデスカ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2004.4
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4087202380
NCID BA66744363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20576362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想