言語と教育

小山悟, 大友可能子, 野原美和子 編

[目次]

  • 言語編(格助詞の交替現象-「から」を中心に
  • 動詞下位分類と意味特性「変化」
  • 現代日本語の諸変化
  • 「降りさえ雨がした」はなぜ不適格文か
  • 意味論、統語論、比喩化の接点としてのNI‐受動文とKARA‐受動文 ほか)
  • 教育編(日本語教育における品詞再考
  • Fluency‐Related Variables in the Loss of L2 Japanese Skills
  • 応用言語学研究:経過と展望
  • 年少者の日本語教育における学習のデザイン-日本語学習言語の習得と母語保持の統合的展開
  • 「共生言語としての日本語」教育-その具体例と意義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語と教育
著作者等 大友 可能子
小山 悟
野原 美和子
書名ヨミ ゲンゴ ト キョウイク : ニホンゴ オ タイショウ ト シテ
書名別名 日本語を対象として
出版元 くろしお
刊行年月 2004.3
ページ数 440p
大きさ 21cm
ISBN 4874242839
NCID BA66732579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20608344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Fluency-related variables in the loss of L2 Japanese skills Robert A.Russell
Mountain villages in the Tale of Genji Thomas H.Rohlich
To repeat or not to repeat? Maki H.Hubbard
「共生言語としての日本語」教育 岡崎眸
「学習者中心の日本語教育」への試み 横溝紳一郎
「降りさえ雨がした」はなぜ不適格文か 久野ススム, 高見健一
インドネシアの日本語教育のための基本資料 田尻英三
ミクロネシア,ポナペ島に残存する日本語の音声 土岐哲
動詞下位分類と意味特性「変化」 曽我松男
地域型日本語教育の方法論試案 尾崎明人
学生の心の問題に対する大学教師の対応 倉地曉美
年少者の日本語教育における学習のデザイン 岡崎敏雄
応用言語学研究:経過と展望 矢野安剛
意味論、統語論、比喩化の接点としてのNI-受動文とKARA-受動文 牧野成一
教育編
日本語における目的表現に関する一考察 ウェスリー・M.ヤコブセン
日本語の「に」直接受身文に関する一考察 町田奈々子
日本語のテンス・アスペクトの習得における普遍性と個別性 小山 悟
日本語リズム単位の音響的表現について 鹿島央
日本語教育と第二言語習得研究の接点を求めて 坂本正
日本語教育における品詞再考 筒井通雄
日本語教育における論文指導一考察 山下明昭
日本語表記-現状と未来:小・中学校教科書のABC文字 エツコ・オバタ・ライマン
格助詞の交替現象 井上和子
現代日本語の諸変化 三浦昭
言語編
駒井明先生のこと 名柄迪
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想