川柳うきよ鏡

小沢昭一 著

「アパートに母は来ました女いた」-川柳は"笑いの文芸"であります。そして浮世のさまざまな出来事や人々の思いを映す「鏡」であります。俳名・変哲こと小沢昭一は幼少のみぎりより落語や川柳に親しみ、「役人の子はにぎにぎをよく覚え」などという有名句に唸っておりました。本書は『小説新潮』誌・川柳欄への読者投稿句、九年分をまとめたものです。皮肉、諧謔は川柳の身上。大いに笑ってください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平成六(一九九四)年 ワープロは打てると人に言いたがり
  • 平成七(一九九五)年 戦争をやめさせるため戦争し
  • 平成八(一九九六)年 小便へ代理は利かずこたつ板
  • 平成九(一九九七)年 改革はオレに学べと言う下着
  • 平成十(一九九八)年 不景気も静かでよろし雪積もる
  • 平成十一(一九九九)年 腰曲げて余生に馴染む足場組み
  • 平成十二(二〇〇〇)年 図書館で一番人気はスポーツ紙
  • 平成十三(二〇〇一)年 さてどこが違うの二十一世紀
  • 平成十四(二〇〇二)年 前文が立派でこんなに苦労する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川柳うきよ鏡
著作者等 小沢 昭一
書名ヨミ センリュウ ウキヨ カガミ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2004.4
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4106100657
NCID BA66727841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20588829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想