聖徳太子はいなかった

谷沢永一 著

すべては伝説にすぎない-。日本書紀、三経義疏、法隆寺金堂釈迦三尊像の銘など、実在の根拠とされる文献や遺物のどこにどのような問題があるのか。誰がなぜこのフィクションを必要としたのか。その背景には何があったのか。江戸時代の考証から最新の歴史学の成果までを踏まえ、書誌学の厳しい目でスリリングに検証する。禁忌の扉を開き、実在論を完膚なきまでに粉砕した衝撃の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大いなる遺産-日出ヅル処ノ天子
  • 鎧なき騎士-十人の訴え
  • 鉄の爪-唐の太宗
  • 散り行く花-大津皇子
  • 開拓の道-生まれ変り
  • 偉大な嘘-説話と実録
  • 心の旅路-未来予知
  • 黄金の腕-十七条憲法
  • 戦略大作戦-藤原不比等
  • 恐怖の報酬-逆ラウナカレ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖徳太子はいなかった
著作者等 谷沢 永一
書名ヨミ ショウトク タイシ ワ イナカッタ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2004.4
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4106100622
NCID BA66727295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20588828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想