脳機能と栄養

横越英彦 編

本書では、脳の受ける栄養制御について述べる前に、第2章では、脳の仕組みと神経細胞(ニューロン)について解説し、第3章では、脳機能を支えている栄養素について記述した。まず、脳を構成するにも、脳機能を維持・発達させるためにも、全ての栄養素が必要であることを再認識するためである。次いで、第4章では、脳機能を反映した幾つかの行動に対し、栄養がどのように関わっているかを取り上げた。そして、第5章では、最近、様々な角度から、脳機能に及ぼすことが明らかになりつつある食品成分について取り上げている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 緒論-食べ物と人間の行動(栄養学と脳との出会い(研究の歴史)
  • 脳科学から見た栄養学への現代的要請)
  • 第2章 脳の仕組みと神経細胞(人間の体における脳の役割
  • 神経組織と情報伝達 ほか)
  • 第3章 脳機能を支える栄養素(炭水化物
  • 脂質 ほか)
  • 第4章 脳機能と栄養条件-脳と栄養の接点(食欲・摂食調節-タンパク質およびリジン欠乏の場合
  • 血圧調節 ほか)
  • 第5章 脳機能活性で注目される食品成分(ホスファチジルセリンと脳機能
  • DHAと脳機能 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳機能と栄養
著作者等 横越 英彦
書名ヨミ ノウ キノウ ト エイヨウ
出版元 幸書房
刊行年月 2004.3
ページ数 394p
大きさ 22cm
ISBN 4782102429
NCID BA66713541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20584548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想