建築の哲学 : 身体と空間の探究

四日谷敬子 著

身体現象を空間と建築との関連で解き明かす、哲学史への画期的寄与。身体が自らの廻りに空間を開くことを現象学的に証明し、建築の形態化する空間が「生きられる空間」であることを証示して、ハイデッガーの存在思想を身体現象に向けて超えていく意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 場所から空間へ-「空間」表象の歴史的変遷
  • 第2章 身体・感情・空間-カントとハイデッガーを手引きとして
  • 第3章 建築と身体
  • 第4章 ヘーゲルの建築理論-一八二三年の『芸術哲学講義』に基づいて
  • 第5章 意義の担い手としてのドイツ建築-ヘーゲルとドイツ・ロマン派の建築論
  • 第6章 生きられる空間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築の哲学 : 身体と空間の探究
著作者等 四日谷 敬子
書名ヨミ ケンチク ノ テツガク : カラダ ト クウカン ノ タンキュウ
書名別名 Kenchiku no tetsugaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.5
ページ数 154, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4790710513
NCID BA66711590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20591463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想