スガモプリズン : 戦犯たちの平和運動

内海愛子 著

第二次大戦後、再軍備へ向かう政府に戦争反対の声をあげたBC級戦犯たち。名作「私は貝になりたい」は、その魂の叫びをもとに生まれた。戦犯たちのスガモプリズンでの思索と行動から、真の戦争責任とは何かを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スガモプリズンとは
  • スガモへの道(戦犯の逮捕と日本の協力
  • 東京裁判で裁かれたこと
  • 人道にたいする罪)
  • 米軍が管理するスガモプリズン(スガモの暮らし
  • 『すがも新聞』と戦犯たちの叫び
  • 釈放への期待)
  • 戦犯たちの平和運動-日本管理下の巣鴨(平和条約の発効と釈放運動
  • 巣鴨の平和運動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スガモプリズン : 戦犯たちの平和運動
著作者等 内海 愛子
書名ヨミ スガモ プリズン : センパンタチ ノ ヘイワ ウンドウ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 176
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.5
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 4642055762
NCID BA66710601
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20588652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想