古筆鑑定必携

村上翠亭, 高城弘一 監修

本書では、各種古筆切とそれに付随し伝来した、さまざまな極札とその極印を紹介する。そして、江戸時代の古筆鑑定家の存在や筆跡を明らかにし、各古筆鑑定家の極札とその極印を解明する。あわせて、ニセモノの極札とその極印も考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 検証 古筆鑑定うらおもて
  • 図版 古筆切と極札(古筆本家・分家・門人系)
  • 極札の裏印・裏書
  • 古筆本家・分家・門人系のその他の極札
  • 図版 古筆切と極札(未詳鑑定家)
  • 未詳鑑定家の極札いろいろ
  • 古筆鑑定家の印譜
  • 古筆鑑定家の鑑定書いろいろ
  • 極印までの道七千年
  • 極札の「異伝」について
  • 贋極礼-古筆鑑定書の改竄と偽造
  • 古筆鑑定家の筆跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古筆鑑定必携
著作者等 中村 健太郎
小林 強
村上 翠亭
松村 一徳
高城 弘一
書名ヨミ コヒツ カンテイ ヒッケイ : コヒツギレ ト キワメフダ
書名別名 古筆切と極札

Kohitsu kantei hikkei
出版元 淡交社
刊行年月 2004.3
ページ数 143p
大きさ 30cm
ISBN 4473031470
NCID BA66705929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20570509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想