学校にコンピュータは必要か : 教室のIT投資への疑問

L.キューバン 著 ; 小田勝己, 小田玲子, 白鳥信義 訳

ハイテク産業の中心地シリコンバレーもふくめた長期調査をふまえた、社会学者ラリー・キューバンによる「すべての小学校に納入されたコンピュータが、巨額の投資に見合うだけの働き(使われ方)をしているのか」という問いかけ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 科学技術が教育を変えるか
  • 第1章 調査の背景
  • 第2章 プレスクールと幼稚園でのサイバー教育
  • 第3章 ハイテク教室でローテクな学び
  • 第4章 大学でのコンピュータ
  • 第5章 予期しない結果を解釈する
  • 第6章 学校のなかのコンピュータは投資に値するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校にコンピュータは必要か : 教室のIT投資への疑問
著作者等 Cuban, Larry
小田 勝己
小田 玲子
白鳥 信義
キューバン L.
書名ヨミ ガッコウ ニ コンピュータ ワ ヒツヨウカ : キョウシツ ノ IT トウシ エノ ギモン
書名別名 Oversold and underused
シリーズ名 叢書・現代社会のフロンティア 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.4
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 4623039293
NCID BA66696759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20579738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想