時計遺伝子の分子生物学

岡村均, 深田吉孝 編

時計遺伝子のクローニングとその解析が爆発的に進んだことで、約24時間の周期性を生み出すシステムの骨格がみえてきた。複雑に絡まり合う時計遺伝子のネットワークがリズムを刻む。サーカディアンリズム研究のすべてをまとめた待望のレビュー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 時計遺伝子総論(シアノバクテリア
  • 高等植物
  • ショウジョウバエ ほか)
  • 2 時計遺伝子各論(Per遺伝子
  • Clock遺伝子とDec遺伝子
  • Bmal1遺伝子 ほか)
  • 3 生物時計への多面的アプローチ(光入力系と出力系
  • 哺乳類の概日時計-中枢時計と末梢時計
  • 概日リズムの遺伝学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時計遺伝子の分子生物学
著作者等 岡村 均
深田 吉孝
書名ヨミ トケイ イデンシ ノ ブンシ セイブツガク
書名別名 Tokei idenshi no bunshi seibutsugaku
シリーズ名 Springer reviews
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2004.4
ページ数 204p
大きさ 26cm
ISBN 443171023X
NCID BA66694141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20582511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想