地方分権の財政学 : 原点からの再構築

持田信樹 著

本書の目的は、「21世紀の経済社会において、どのような地方分権化が望ましいのか、そのための財政システムはどうあるべきかを検討し、そのあるべき見取り図を構想する」ことにある。なぜ、わが国では税財源面での分権化は膠着状態に陥っているのだろうか。地方財政がかつてない危機に直面しているのはどうしてか。われわれは何をなすべきか。こうした問いに答えるべく地方分権との関連で日本の財政システムの点検作業を行ない、国際的視野から問題を考え、斬新な分析に基づき具体的な制度設計を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 財政システムと地方分権
  • 1章 地方財政の国際的位置:日本と北欧
  • 2章 税源配分論の展開と日本の地方税
  • 3章 付加価値税配分論と地方消費税
  • 4章 地方交付税の制度設計
  • 5章 地方分権下の財政調整制度
  • 6章 持続可能な地方債制度の将来像
  • 7章 欧州地方自治憲章と分権化の戦略
  • 8章 東南アジアにおける分権改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方分権の財政学 : 原点からの再構築
著作者等 持田 信樹
書名ヨミ チホウ ブンケン ノ ザイセイガク : ゲンテン カラノ サイコウチク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.3
ページ数 365p
大きさ 22cm
ISBN 4130460811
NCID BA66693794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20692621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想