ジョン・ハーヴァードの時代史

森良和 著

ハーヴァード大学にその名が残るジョン・ハーヴァードはアメリカにはわずか一年しかいなかった。敬虔ではあるが目立たない青年牧師は、若妻を残し、志なかばにして三〇歳でひっそりとその短い生涯を閉じた。自らの名がカレッジに冠されたことを知ることもなく…。従来ほとんど知られていなかったジョン・ハーヴァードの人物像とハーヴァード・カレッジ誕生までのいきさつがここに明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-知られざる人物ジョン・ハーヴァード(ハーヴァード像
  • 現代のハーヴァード大学 ほか)
  • 2 ロンドン・サザーク-ハーヴァードの生い立ちと家族(ロンドン橋
  • サザーク ほか)
  • 3 ケンブリッジ大学イマニュエル・カレッジ(ケンブリッジへ
  • ケンブリッジ大学 ほか)
  • 4 マサチューセッツ湾植民地(チャールズタウン
  • ハーヴァードの渡航 ほか)
  • 5 草創期のハーヴァード・カレッジ(未亡人アンの再婚
  • 寄贈された蔵書 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジョン・ハーヴァードの時代史
著作者等 森 良和
書名ヨミ ジョン ハーヴァード ノ ジダイシ
出版元 学文社
刊行年月 2004.3
ページ数 243, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4762012890
NCID BA66693502
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20579952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想