福祉国家/社会的連帯の理由

齋藤純一 編著

20世紀において福祉国家と国民国家は一体のものであった。本書は、社会的連帯の基盤をもっぱら国民統合に求めてきた従来の枠組みを問い直しながら、人びとが互いの生命/生活を保障し合う社会的連帯の理由を再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会的連帯の変容と課題
  • 1 社会的連帯の変容と再編(福祉国家の危機と再編-新たな社会的連帯の可能性を求めて
  • 新しい右翼と福祉ショービニズム-反社会的連帯の理由
  • ヨーロッパにおける社会的連帯と補完性原理-EU時代における公共性の再構築と多元的福祉社会の思想 ほか)
  • 2 社会的連帯の規範と制度(「健康で文化的な最低限度の生活」の複眼的理解-自律と関係性の観点から
  • ニーズ基底的相互提供システムの構想-政治的リベラリズムのパースペクティブ
  • 連帯・排除・政策構想-基本所得を巡って)
  • 3 社会的連帯の理由(社会的分配の理由-私のため、から
  • 社会的連帯の理由をめぐって-自由を支えるセキュリティ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉国家/社会的連帯の理由
著作者等 斎藤 純一
書名ヨミ フクシ コッカ シャカイテキ レンタイ ノ リユウ
書名別名 Fukushi kokka shakaiteki rentai no riyu
シリーズ名 講座・福祉国家のゆくえ 第5巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.3
ページ数 310, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4623039757
NCID BA66600421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20581497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想