巨大古墳と古代国家

丸山竜平 著

古墳はいつ、どこで、どのようにして発生したのか。出現期古墳の成立や立地・規模、副葬品の質・量などを徹底分析。原始共同体社会が崩壊し、新たな階級社会=原初的国家が誕生する成立過程と実態を鮮やかに解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出現期古墳の立地と分布(立地の特質
  • 墳丘の形状と特質 ほか)
  • 第2章 出現期古墳の階層性(群、支群と階層性
  • Cタイプ(山中山腹)の方墳群と三類型 ほか)
  • 第3章 前方部の起源と出現期古墳の祭祀(前方部の形態的特徴
  • 前方部の起源 ほか)
  • 第4章 近江の出現期古墳から大和の巨大古墳へ(近江における出現期古墳の位相
  • 墳丘墓の発達と前方部の成立 ほか)
  • 第5章 豪族の誕生と政治的地域社会の形成(近江における族長系譜墓群
  • 政治的地域の形成と首長系譜墓群 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巨大古墳と古代国家
著作者等 丸山 竜平
書名ヨミ キョダイ コフン ト コダイ コッカ
書名別名 Kyodai kofun to kodai kokka
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.3
ページ数 351, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4642024301
NCID BA66574977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20572104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想