太平記の時代 : 論集

長谷川端 編著

この本の情報

書名 太平記の時代 : 論集
著作者等 長谷川 端
書名ヨミ タイヘイキ ノ ジダイ : ロンシュウ
書名別名 Taiheiki no jidai
シリーズ名 太平記 158
新典社研究叢書 158
出版元 新典社
刊行年月 2004.4
ページ数 710p
大きさ 22cm
ISBN 4787941585
NCID BA66569569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20595503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「将軍御他界事」前後の『太平記』 石田洵
『大かうさまくんきのうち』の構成と太田牛一の履歴 磯部佳宗
『太平記』と『三国演義』における自害の描写 邱嶺
『太平記』における「革命」論の位置 大森北義
『太平記』における楠正行説話の生成と展開 中西達治
『太平記』における楠氏をめぐって 谷垣伊太雄
『太平記秘伝理尽鈔』の書名について 加美宏
『新編金瓶梅』と『金蘭筏』 神田正行
『明徳記』の構造にかかわる諸問題 望月満夫
『曽我物語』の奈良絵本・絵巻について 石川透
『曽我物語抜書』の性格 長友秀暁
『楠正成軍慮智輪』略解題・翻刻 長谷川 端
三時知恩寺蔵絵巻『太平記抜書』略解題・翻刻 長谷川 端
再び『太平記』の聖徳太子像について 渡辺信和
北畠親房と李穡 下川玲子
因果論の位相 小秋元段
天神の物語と和歌 山本五月
太平記受容史一斑 鈴木元
宗祇流三流の古今切紙をめぐって 小高道子
島津家本『太平記』の出現 長坂成行
後醍醐帝隠岐遷幸にまつわる伯耆の伝承 青木晃
朱引と朱合点 森まさし
柳生石舟斎「兵法百首」の再評価をめぐって 加藤孝男
楠流兵法家伝来書『翁問三答』の秀吉評判と『太閤記』 柳沢昌紀
玄恵法印の住まいと青山 小木曽千代子
研究編 長谷川 端
義経・奥州藤原氏滅亡の経緯と頼朝 徳竹由明
肥後の楠流 今井正之助
藤原有範伝の考察 小川剛生
資料編 長谷川 端
足利学校の小野篁創建について 水野薫
近世からみえる『太平記』 若尾政希
道誉の面影 長谷川 端
重仁親王の乳母子平清盛の異質性 大島龍彦
重華贅語 黒田彰
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想