中国古代の科学

藪内清 著

羅針盤・紙・印刷術・火薬。近世ヨーロッパの開幕を招来し、人類の歴史を飛躍的に発展させた発明は古代中国に生まれた。文明は東から西へ-。本書は、東アジアにおいて構築された高度な科学技術の独自性を体系的に解明し、西洋に偏向して語られてきた近代以降の科学史に楔を打つ。世界史的な視座から見た科学文命の位置づけとその交流とは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文明の起源
  • 2 青銅から鉄へ
  • 3 百家争鳴の時代
  • 4 天文と地理
  • 5 中国の医学
  • 6 二、三の科学器械
  • 7 中国人の発明
  • 8 中国の文明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国古代の科学
著作者等 藪内 清
書名ヨミ チュウゴク コダイ ノ カガク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.4
ページ数 213p
大きさ 15cm
ISBN 4061596543
NCID BA66564598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20582290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想