図解雑学身近な哲学

竹内洋一郎 他著

哲学が難しいのは、偉大な哲学者がたどりついた結論、つまり出口から入ろうとしているからです。本書は、みなさんが身近な日常で感じる「なぜだろう」「どうしてだろう」というその感じ、つまり入り口から入る、やさしい哲学書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 おどろきからはじまる哲学-哲学の入り口
  • 第1章 不思議なこと、不気味なもの-偶然と現象
  • 第2章 疑うことからはじまる哲学-自己と認識
  • 第3章 恥らうこと、他者との出会い-社会と自由
  • 第4章 憧れからはじまる哲学-美・価値・愛
  • 第5章 隠れた調和にきづくとき-世界と存在
  • 第6章 はかなさからはじまる哲学-時間と永遠
  • 第7章 有限なものと、無限なこと-自然といのち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解雑学身近な哲学
著作者等 杉山 晃太郎
竹内 洋一郎
書名ヨミ ズカイ ザツガク ミジカナ テツガク
出版元 ナツメ社
刊行年月 2004.4
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 4816336664
NCID BA66554109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20574083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想