蝦夷の地と古代国家

熊谷公男 著

古代、日本列島の北縁には蝦夷(エミシ)とよばれた人びとが住んでいました。かれらは国家から未開で野蛮な"化外の民"というレッテルを貼られ、差別と同化の対象とされていました。でもかれらは倭人文化と北方文化の接点に居住し、両方の社会と交流しながら独自の社会・文化をはぐくんでいきました。いまこそ、倭人とは異なった文化的伝統をもっていたかれらを積極的に評価すべきではないでしょうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代蝦夷(エミシ)の世界へ
  • 1 蝦夷とは何か(蝦夷アイヌ説と非アイヌ説
  • 蝦夷観念の成立 ほか)
  • 2 蝦夷文化の形成(北方の文化と倭人の文化の接触・交流
  • 蝦夷文化の成立 ほか)
  • 3 古代国家の蝦夷支配(倭王権の蝦夷支配
  • 大化改新と「柵」の設置 ほか)
  • 蝦夷・城柵研究のこれから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蝦夷の地と古代国家
著作者等 熊谷 公男
書名ヨミ エミシ ノ チ ト コダイ コッカ
書名別名 Emishi no chi to kodai kokka
シリーズ名 日本史リブレット 11
出版元 山川出版社
刊行年月 2004.3
ページ数 106p
大きさ 21cm
ISBN 4634541106
NCID BA66548977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20583844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想