川端康成 : 美しい日本の私

大久保喬樹 著

天涯の孤児という宿命から出発し、西欧現代と日本伝統という二つの文化の狭間を辿り、やがて自然と人との合一、美と魔との交錯を軸とする独自の芸術世界を築きあげた川端康成。ノーベル文学賞に輝いた作家の行程を見渡す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 風土の旅人
  • 第1章 孤児の感情と血筋への執念
  • 第2章 作家への旅立ち
  • 第3章 伝統風土世界の発見-『雪国』
  • 第4章 戦争の運命
  • 第5章 豊饒の季節-『山の音』『千羽鶴』
  • 第6章 魔界彷徨
  • 第7章 美しい日本の私-ノーベル文学賞受賞
  • 第8章 風土と魔界の彼方へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川端康成 : 美しい日本の私
著作者等 大久保 喬樹
書名ヨミ カワバタ ヤスナリ : ウツクシイ ニホン ノ ワタクシ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.4
ページ数 253, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4623040321
NCID BA66537405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20579947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想