越える文化、交錯する境界 : トランス・アジアを翔るメディア文化

岩渕功一 編

知って考えようアジアのこと。テレビ・映画・音楽・マンガが想像=創造する越境の(不)可能性。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 方法としての「トランス・アジア」
  • 1 越えるつながり、越えない文化(「日本偶像劇」と錯綜するアイデンティティ-台湾における日本製テレビドラマの消費
  • 「犬はあなたで、犬はわたし」-アニメ『フランダースの犬』の旅をめぐって
  • タイの歌はきこえてくるか?-ポピュラー音楽流通の非対称性をめぐって)
  • 2 ナショナル化されるトランスナショナル(東アジア・テレビ交通のなかの中国-韓国と台湾の番組を中心に
  • 「韓国マンガ」という戦略-グローバリゼーション・「反日」・儒教文化)
  • 3 内なる「越境アジア」(円環の外へ-映像にみるアジア・沖縄へのまなざし
  • 「在日音楽」という想像力-コリアン・ジャパニーズ・ミュージックの(不)可能性から、音楽が「在日」することへ
  • ベトナム系住民とディアスポリック・メディア消費-越僑社会の文化交通とポピュラー音楽)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越える文化、交錯する境界 : トランス・アジアを翔るメディア文化
著作者等 伊藤 守
山中 千恵
岩渕 功一
日吉 昭彦
東 琢磨
松村 洋
清水 知子
田仲 康博
青崎 智行
書名ヨミ コエル ブンカ コウサクスル キョウカイ : トランス アジア オ カケル メディア ブンカ
シリーズ名 アジア理解講座 3
出版元 山川出版社
刊行年月 2004.3
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 4634474301
NCID BA66528095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20580713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想