環境会計の理論と実態

勝山進 編著

わが国では、1999年に当時の環境庁が環境会計のガイドラインを公表した。これを契機に多数の企業がその導入を図ったのであるが、この年をもって、「環境会計元年」とする見方もある。しかし、生成期にあるこの領域で、すでに、それから数年を経過しており、ここで改めて環境会計を見つめ直す必要が生じている。とりわけ、環境会計を発展的に捉え、「環境」のみならず、「経済」および「社会」との関わりを把握しようとする動きがある。つまり、現代の企業や組織は、収益性や安全性といった評価軸に加えて、環境や社会といった評価軸との融合を図らなければならない。本書は、生成期にある環境会計の範囲を可能な限り網羅し、多角的に考察したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境問題と環境経営(環境問題と環境政策
  • 環境税導入の論点 ほか)
  • 第2部 環境会計の生成と発展(環境財務会計の構築
  • 環境省「環境会計ガイドライン」の特徴 ほか)
  • 第3部 海外の環境会計(アメリカの環境会計
  • ヨーロッパの環境会計 ほか)
  • 第4部 環境会計の課題と動向(排出権取引と会計
  • 土壌汚染と会計 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境会計の理論と実態
著作者等 勝山 進
書名ヨミ カンキョウ カイケイ ノ リロン ト ジッタイ
書名別名 Kankyo kaikei no riron to jittai
出版元 中央経済社
刊行年月 2004.3
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 450224290X
NCID BA6651149X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20573107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想