転換期の戦後政治と政治学 : 社会党の動向を中心として

木下真志 著

日本社会党は、1996年1月、党名を社会民主党に変更した。これをもって、日本社会党の歴史に幕がおろされたとみることもできよう。その直前、1993年から40年以上ぶりに政権参画の機会を得ながら、それを党勢拡大につなげることができなかったばかりか、社会民主党はその後も低落傾向に歯止めがかからず、存亡の危機に立つことになった。本書は、学位輪文をもとにした第3章を中心に、戦後日本の政党政治を考察するうえで、欠くことのできない存在である日本社会党(社会民主党)に焦点をあて、社会党にとっての「転換期」の意味を考察したものである。また、戦後日本における政治学にとっても大きな「転換期」となった、1980年代中盤以降顕著になった政治学の一傾向について批判的に考察したものも加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 政治学の科学主義化-批判的検討
  • 第2章 政治学学の提唱-社会の発展に貢献する政治学に向けて
  • 第3章 転換期の日本社会党と戦後政治-「左派連合」の動向を中心にして
  • 第4章 防衛観対立下の戦後政治-ファシズム再来に対する認識距離の拡大
  • 第5章 村山連立内閣における社会党の政策転換-その経緯と意味
  • 第6章 再編期における政界-自民党のシニオリティ・ルールの「効果」
  • 補章 社会党研究の現在-今後の社会党研究のための一考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期の戦後政治と政治学 : 社会党の動向を中心として
著作者等 木下 真志
書名ヨミ テンカンキ ノ センゴ セイジ ト セイジガク : シャカイトウ ノ ドウコウ オ チュウシン トシテ
出版元 敬文堂
刊行年月 2003.12
ページ数 227p
大きさ 22cm
ISBN 476700117X
NCID BA66507619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20660340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想