新編東京圏の社会地図

倉沢進, 浅川達人 編

本書は、世界都市化、バブル崩壊と東京が激動した、直前の1975年と直後の1990年の2つの時点で、東京圏の空間構造を社会地図の手法で視覚化し、この間の変動の内実を明らかにしたものである。社会地図の手法とは、南関東の1都3県プラス茨城県南部を333市区町村に、東京23区を縦横500メートル・メッシュの2337小地区単位に分け、この単位地区毎に社会的特性を濃淡の地図に表現するものである。さらにクラスター分析を用い、類似した地域特性を持つ単位地区をまとめ、その総括的な構造と変動を示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総括編(社会地図:範囲と方法
  • 東京圏の空間構造とその変動 1975‐90)
  • 2 領域編(東京圏の人口動態
  • 家族から見た東京圏
  • 住宅から見た東京圏
  • 東京圏の産業動態
  • 職業階層から見た東京圏)
  • 3 テーマ編(貧困の空間分布
  • 外国人居住者の空間分布
  • 教育行動の空間分布
  • 生活文化の空間分布
  • 投票行動の空間分布
  • 生活圏の編成)
  • 4 データ編(データおよび地図の構成
  • 社会地図研究の方法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編東京圏の社会地図
著作者等 倉沢 進
浅川 達人
書名ヨミ シンペン トウキョウケン ノ シャカイ チズ : 1975 - 90
書名別名 1975-90

Shinpen tokyoken no shakai chizu
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.3
ページ数 324p
大きさ 22cm
ISBN 4130501569
NCID BA66505770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20585207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想