盲目の時計職人 : 自然淘汰は偶然か?

リチャード・ドーキンス 著 ; 中嶋康裕 ほか訳 ; 日高敏隆 監修

ベストセラー『利己的な遺伝子』で、生物学ばかりか世界の思想界を震撼させたリチャード・ドーキンス。その彼が、いまだに批判・攻撃を受けるダーウィン理論のいくつかの面をとりあげ、異論のひとつひとつを徹底的に論破していく。本書は鮮烈なまでに見事なダーウィン主義の本であり、自然淘汰による進化が、われわれにとって最大の謎に答えるに十分なほど強力な理論であることを明らかにするだろう。その謎とはこうである-「われわれ自身が存在しているのはなぜか?」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 とても起こりそうもないことを説明する
  • 2章 すばらしいデザイン
  • 3章 小さな変化を累積する
  • 4章 動物空間を駆け抜ける
  • 5章 力と公文書
  • 6章 起源と奇跡
  • 7章 建設的な進化
  • 8章 爆発と螺旋
  • 9章 区切り説に見切りをつける
  • 10章 真実の生命の樹はひとつ
  • 11章 ライバルたちの末路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盲目の時計職人 : 自然淘汰は偶然か?
著作者等 Dawkins, Richard
中嶋 康裕
日高 敏隆
疋田 努
遠藤 彰
遠藤 知二
ドーキンス リチャード
書名ヨミ モウモク ノ トケイ ショクニン : シゼン トウタ ワ グウゼン カ
書名別名 ブラインド・ウォッチメイカー

The blind watchmaker
出版元 早川書房
刊行年月 2004.3
ページ数 529p
大きさ 20cm
ISBN 4152085576
NCID BA6649721X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20575967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想