オウム裁判傍笑記

青沼陽一郎 著

戦後最大の公判となったオウム真理教裁判は、果たして何を裁いたのか-。七年半に及んだ裁判を丹念に傍聴した著者が法廷で目にしたのは、あまりにも不可解、あまりにも喜劇的な光景だった。被告人、裁判官、弁護人らの言動から、日本人の虚妄の精神構造を浮き彫りにする渾身のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 眠れる男
  • 第1章 麻原劇場(法律無視?の裁判長
  • 「霞を食って生きてるんじゃない」 ほか)
  • 第2章 虚構の世界の住人たち(麻原の論証
  • 事件と裁判と ほか)
  • 第3章 迷える法廷("おぼっちゃんタイプ"の裁判長
  • 怒りの裁判長 ほか)
  • 第4章 空虚な終幕(裁判長交替
  • 「弟子たちの暴走」 ほか)
  • エピローグ 裁かれぬもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オウム裁判傍笑記
著作者等 青沼 陽一郎
書名ヨミ オウム サイバン ボウショウキ
書名別名 Omu saiban boshoki
出版元 新潮社
刊行年月 2004.3
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 410466801X
NCID BA66484728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20575330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想