フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル

明石信道 文・実測図面 ; 村井修 写真

本書に収めたテキストから、旧帝国ホテル建設の経緯、原著者によるフランク・ロイド・ライト氏の紹介を含めた大建築家への思い、建物の全体構成に対する構造特性、また平面計画についての興味深い考察などから、旧帝国ホテルについての基礎的知識が得られるようにしてある。そして本書6章に収めた「調査方法と結果」を通して、ちょうど実測と時期が重なった同ホテルの取り壊し状況とその観察をとおして得られた知見などを知ることができる。なかでも、本書の4章に収録している「平面作成による推測」は、実測なくしては到底推測し得なかったものと思われ、ぜひ多くの方々の目に触れてほしいと思うテキストの一つである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 沿革と概要
  • 2章 自然観から有機論
  • 3章 プラスティシティ
  • 4章 平面作成による推測
  • 5章 造形と装飾のエッセンス
  • 6章 調査方法と経過

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル
著作者等 明石 信道
村井 修
書名ヨミ フランク ロイド ライト ノ テイコク ホテル
書名別名 Frank Lloyd Wright:Inperial hotel
出版元 建築資料研究社
刊行年月 2004.3
ページ数 167p
大きさ 28cm
ISBN 4874608140
NCID BA66483678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20622911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想