日本書紀の読み方

遠山美都男 編 ; 遠山美都男 ほか著

スサノヲから壬申の乱まで、古代史の謎を「最古の史書」からどう解くか。編纂に関わったのは誰か?一読すれば、日本書紀の読み物としての面白さと、その研究上の課題とがおのずと浮かび上がってくるはずです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スサノヲ神話を読み解く
  • 第2章 崇神天皇は実在したか?-「崇神紀」の読み方
  • 第3章 「歴史の出発点」としての雄略朝-ワカタケル大王と豪族たち
  • 第4章 「飛鳥仏教史」を読み直す
  • 第5章 壬申の乱と「壬申紀」のあいだ
  • 第6章 日本書紀をつくったのは誰か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本書紀の読み方
著作者等 前田 晴人
加藤 謙吉
平林 章仁
早川 万年
遠山 美都男
書名ヨミ ニホン ショキ ノ ヨミカタ
シリーズ名 日本書紀
講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.3
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 406149709X
NCID BA66452142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20573752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想