新編住居論

山本理顕 著

"家族"という共同体の構造と関係からその空間装置としての住居の役割を提示する。世界各地の集落のフィールドワークや思索と実践より形成された画期的な住居論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 住居論(住宅擬態論
  • 住居シミュレーション ほか)
  • 2 住居計画(私的建築計画学
  • 破産都市)
  • 3 『住居論』以後(建築は仮説に基づいてできている
  • 痴呆性老人のための施設 ほか)
  • 4 領域論(領域論試論
  • 閾論1 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編住居論
著作者等 山本 理顕
書名ヨミ シンペン ジュウキョロン
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2004.3
ページ数 343p
大きさ 16cm
ISBN 4582764924
NCID BA66440711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20600103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想