老いの人類学

青柳まちこ 編

人類学者と老人は古くて新しい友人である。伝統文化の伝承者・インフォーマントとしての老人ではなく「老い」そのものについて、高齢者の意味、老化のプロセス、老人の生活や意見、社会的地位や役割の分析等を通して考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 長寿のシマ沖縄の高齢者たち
  • 2 敬われる老人たちの姿-ベトナムの国家、村落、家族による処遇
  • 3 アラブ・イスラーム社会における「老い」-若齢社会チュニジアの老人たちの肖像
  • 4 歴史の狭間を生きたアボリジニの老人たち-アボリジニ政策に翻弄された「長老」たち
  • 5 今を生きるイヌイトの老人-知識と技術の宝庫
  • 6楢山節の比較文化考-昔の老人と今の老人はどちらが幸せか
  • 7 老後をどう生きぬくか-ロシア極東の高齢者
  • 8 アメリカ中西部ホームタウンの「独身」高齢男性-ケアリング精神の実践者たち
  • 9 「ヘルピング」と「世話をする」-アメリカ人の自立と介護

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老いの人類学
著作者等 青柳 まちこ
青柳 真智子
書名ヨミ オイ ノ ジンルイガク
書名別名 Oi no jinruigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.3
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4790710424
NCID BA66438334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20590013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想