社会学的フィールドワーク

好井裕明, 三浦耕吉郎 編

調査する「わたし」の営みと、それを変容させていく「現場」のちからと抵抗-そのせめぎあいを解読し、フィールドワークの可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 フィールドへ(「調査するわたし」というテーマ
  • 行きずりの都市フィールドワーカーのために-「いかがわしさ」と「傷つきやすさ」からの出発
  • 魅力あるモノグラフを書くために)
  • 第2部 フィールドから(常識的知識のフィールドワーク-伝統文化の保存をめぐる語りを事例として
  • フィールドワークが「実践的」であるために-原子力発電所候補地の現場から
  • 援助交際のフィールドワーク
  • カテゴリー化の罠-社会学的「対話」の場所へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学的フィールドワーク
著作者等 三浦 耕吉郎
圓田 浩二
好井 裕明
山室 敦嗣
玉野 和志
町村 敬志
足立 重和
書名ヨミ シャカイガクテキ フィールド ワーク
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.3
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4790710432
NCID BA66437604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20591567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想