物質の成り立ち

常行真司 著

私たちの身のまわりの物質はきわめて多様で複雑だ。しかし、それらはわずか100種類程度の原子の集まりから成る。気体や液体、固体という見た目の違いは、置かれた温度や圧力の違いにすぎない。じつは固体そのものを成り立たせているさまざまな原理は、物質とは何かといった究極の物理を反映している。そのしくみをやさしく説明する。高校生から読める固体物理入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界をつくる物質-気体、液体、固体、そして結晶
  • 2 クーロン力が結びつけた結晶-イオン結合
  • 3 原子をつなぐ電子の腕-共有結合
  • 4 電気を通す物質-金属結合
  • 5 電子揺らぎがもたらす力-ファン・デル・ワールス相互作用
  • 6 宇宙最多の元素を使って-水素結合
  • 7 姿を変える結晶-結晶構造と構造相転移

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物質の成り立ち
著作者等 常行 真司
書名ヨミ ブッシツ ノ ナリタチ
書名別名 Busshitsu no naritachi
シリーズ名 物質科学入門 2
岩波講座物理の世界 / 佐藤文隆 ほか編 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.3
ページ数 75p
大きさ 20cm
ISBN 4000111205
NCID BA6643707X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20581490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想